MENU
筋トレ PR

【筋トレしてる人必見】枕が合わない理由3選と熟睡のために選ぶポイント

枕が合わずに悩みながら寝ている男性
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

筋トレ始めてから枕が合わなくなっちゃった…毎朝首がガチガチだよ…泣

  • 肩幅があるせいで枕が合わない
  • 体の厚みで普通の枕がフィットしない
  • 朝起きたら首がガチガチ

筋トレしている人は、普通の人より体の厚みがあるので、枕が合わないケースが多いようです。筆者も筋トレを長年おこなっておりますが、肩幅が原因で、枕が合わないのが悩みのタネでした。

そんな筆者も先日、ついに枕が原因で首を痛めてしまい、買い替えることを決意。1ヶ月間、さまざまな枕を吟味し新しい枕にした結果、首の負担が大幅に軽減され、しっかり眠れるようになりました。

本記事では、自分自身の体験と、枕を吟味した経験をもとに「筋トレしてる人に普通の枕が合わない理由」「筋トレしてる人が枕を選ぶポイント」を紹介します。

また、先に結論からお伝えしておくと、筆者が枕選びの際に意識したポイントは以下のとおりです。

  • 自分で高さ調節ができる
  • 仰向けと横向きの両方に対応
  • 程よい堅さのウレタン素材を選ぶ

紹介したポイントで選べば、筋トレしている人でも自分にあった枕を選べます。詳細について、それぞれの項目で紹介しているので、ぜひ最後まで見ていってください。

筆者のプロフィール

筋トレしてる筆者も枕が合わないのが悩みだった

疲れ切っている男性の様子

筆者は筋トレを8年間継続しており、普通の人よりは肩幅が広く厚みのあるカラダです。そんな筆者も、枕が合わないのが長年の悩みでした。

筆者の悩み
  • 横向きの姿勢になると頭が低くなるので、高めの枕にしていた
  • 高すぎる枕だったので、仰向けの時は首の負担がスゴイ
  • 素材も中途半端なものだったので、寝返りで目が覚める

枕を買い替えることもありましたが、ネットショップで買える3,000円程度のもの。そんな筆者も、ついに朝起きたら首を痛めるようになってしまい、しっかりとした枕を選ぶことを決意しました。

フューチャーNOBUSAN

安かろう悪かろう。毎日使う物はしっかりとした物を買うようにしよう!

まず調べたのは、枕がなぜ合わないのか?ということ。次章にて掘り下げていくので、要チェックです!

筋トレしてる人に普通の枕が合わない理由3選

仕事中に眠くなっている男性の様子

筋トレしてる人に枕が合わないのは、主に高さが理由ですが、それ以外にも考えられる原因はあります。筋トレしてる人に、普通の枕が合わない理由は主に3つ。

枕が合わない理由
  1. 枕の高さが合っていない
  2. 枕の硬さが合っていない
  3. 自分の寝姿勢に枕が合っていない

枕の高さが合っていない

高すぎる枕、低すぎる枕

枕は高すぎても、低すぎてもダメです。ちょうど良い高さの枕を見つけないといけません。ではなぜ、枕の高さにこだわらないといけないのか、その理由は「首の負担と気道の確保」にあります。

高さが合っていない枕は、首の負担が増えてしまい、朝起きた時に首がガチガチになる原因に。また、適切な枕の高さでないと、気道(呼吸)を確保できないのでイビキに繋がります。

筋トレをしてる人は、肩幅があり体の厚みもあるので、普通の枕のサイズだと低すぎてしまいますが、だからと言って高い枕を選んでいいわけではないのです。

ちょうど良い高さの枕を見つけるようにしましょう。

枕の硬さが合っていない

固すぎる枕、柔らかすぎる枕

枕の固さは、

  • 睡眠の質
  • 寝返りのしやすさ
  • 頭を置いた時のフィット感

など、眠りの質全体に直接関わってきます。

枕が固すぎると、首のウェーブにフィットせず、首に負担がかかります。反面、柔らかすぎると頭が沈み込みすぎてしまい、これも首の負担を増やしてしまう結果に。

また、柔らかい枕は寝返りをしにくいので、浅い眠りになりがちです。

筋トレしてる人は、普通の人に比べ体の厚みと凹凸があるので、寝返りしやすい枕を選ぶようにしましょう。

自分の寝姿勢に枕が合っていない

寝姿勢に合っていない枕

仰向き、横向き姿勢の割合は人それぞれ。枕の形は姿勢により、向き不向きがあるので、自分の寝姿勢に合わせた枕選びが不可欠です。

ほとんどの枕は、仰向け用に作られていますが、横向きがメインの人も多くいるはず。

筆者も寝ている時は、横向きがメインだったのですが、長年仰向けに特化した枕を使い続けてしまっていました…

自分の寝姿勢に合った枕選びをしましょう

NOBUSAN

それは首も痛めるよね…

失敗しない枕選びのポイント

授業中の様子

前章では、筋トレしてる人に普通の枕が合わない理由を紹介しました。今度は「失敗しない枕選びのポイント」を紹介します。

しっかりした枕を買おうと思うと、10,000~20,000円は費用が掛かります。1ヶ月間調べに調べまくって、後悔しない枕選びのポイントをまとめたので参考にしてください。

枕選びのポイント
  • 高さ調節ができる
  • 仰向けと横向きの両方に対応
  • 程よい固さのウレタン素材を選ぶ

ちなみに上記ポイントで、筆者が購入したのが西川の「エアー4Dピロー」

フューチャーNOBUSAN

西川の「エアー4Dピロー」は間違いなかった。

何と言っても、頭を枕に置いたときに気持ち良すぎてニヤけが止まらなかったぞ。

西川のエアー4Dピローについては、以下の記事でレビューを書いています。合わせてどうぞ。

筋トレ大好きマンが西川の枕を選んだ理由|エアー4Dピロー(高)筋トレ大好きマンはなぜ西川のエアー4Dピローを選んだのか?人生の大半を雑な枕で過ごしたせいで首を痛め、高品質のまくらを買うことを決意。1か月間厳選に厳選を重ねた結果購入した西川のエアー4Dピローについてレビューします。1年間使ってみての正直な感想とおすすめできる人など徹底的に解説していますので、ぜひ最後まで見ていってください。...

高さ調節ができる

高さ調節ができる枕

買った後によくある後悔が、枕の高さが合わないことです。店舗に行って実際に試してみても、ベッドの固さや質が違えば高さは変わってしまいます。

なので、自分で何段階かに分けて高さ調節ができる枕を選びましょう。細かく調整できる枕の方が望ましいです。

先ほど紹介した西川の「エアー4Dピロー」は高さ調整だけでなく、枕の部位によって好みで調整できた優れものでした。

NOBUSAN

枕の外側(横向きエリア)だけ、高めにするとかもできたよ!

仰向け横向きの両方対応

横向き仰向けの両方に対応している枕

仰向けと横向きの両方に対応しているというのは、

枕の中央は仰向け用の高さになっており、外側(横向き用)は少し高めに設計されている枕のこと。

筋トレしてる人は、肩幅が普通の人より広いので、横向きになったときにある程度の枕の高さが必要です。枕全体が一定の高さではなく、寝姿勢で高さが変わっている枕が理想的。

完全に「横向きしかしない!」と自信を持って言える人は、特化した枕を選んでも良いでしょう。

程よい固さのウレタン素材を選ぶ

ウレタン素材の枕

枕の素材は、それぞれあって選ぶのが大変です。

  • そばがら
  • ウレタン
  • パイプ
  • 羽毛
  • ファイバー などなど

数ある素材の中で、筆者がオススメするのは「高反発のウレタン素材」です。理由はフィット感が高く、寝返りも楽にできるから。

デメリットは、洗えないことと商品によって通気性が悪いものもありますが、睡眠の質を求めるのであれば、「高反発のウレタン素材」を選ぶのがオススメです。

まとめ|枕選びは高さ調整と素材が重要

男女がマッスルポーズをとっている様子

本日は「筋トレしてる人に枕が合わない理由3選と熟睡のために選ぶポイント」について紹介しました。

良い品質の枕を選ぼうと思ったら、価格帯は高くなってしまいますが、毎日使うものなので、枕はお金が掛かったとしてもこだわるべきです。

本日紹介したポイントで選べば、失敗はないと思いますが、心配な人は店舗に行って試してみてくださいね。

「マッチョ向けオススメ枕ランキング」についても別記事にて紹介しているので、ぜひチェックしてください。

気持ちよく寝ている男性
【徹底比較】マッチョにおすすめの枕ランキング!肩幅広くても大丈夫肩幅広くて枕が合わないマッチョ必見!マッチョにオススメの枕をランキング形式で紹介しています。実はマッチョが枕選びで選ぶことは高さだけではありません。実際の体験談と失敗しにくい枕を選んでいるのでぜひ最後まで見ていってください。...

その他、睡眠に関連する記事も書いているので、興味のある方はチェックしてみてください。

<関連>ダイエット中に寝れない時の対策6選|睡眠不足は太る原因に

<関連>筋トレ翌日にだるいのはなぜ?対処法5選|筋トレ後はケアを入念に

ABOUT ME
NOBUSAN
モデルより足細いで有名だった元ガリガリ。オーストラリア留学をきっかけに筋トレに目覚める。身長180㎝で体重63kgだったヒョロガリは、筋トレで"MAX79kg(+16kg)"まで増量。その後、ベストボディジャパン関西大会へ出場。▶NOBUSANのプロフィールはコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA